HOME>オススメ情報>鍼灸の国家資格を取ろう【鍼灸の技術を修得しよう】

鍼灸の国家資格を取得しよう!

鍼やお灸を用いて施術する鍼灸師になるには、はり師ときゅう師の国家資格を取得することが必須です。受験資格は指定された養成機関を卒業することが条件になるので、最短でも3年が必要になります。それでも年齢や経験に制限はないので社会人からでも受験することができます。

鍼灸治療の効果を感じやすい症状ランキング

no.1

鎮痛効果やリラックス効果

血行が改善され、鎮痛・リラックス効果が見込めます。

no.2

自律神経を整え健康的な身体を作る

自律神経失調症や不眠症などに作用し、体調が整えられます。

no.3

白血球増進による免疫機能の活性化

生体防御機能が高まり、免疫機能が活性化されます。

no.4

自律神経の生体機能の調整

自律神経に作用し、身体の調子が改善されます。

no.5

血行やリンパ液の循環促進

血行促進効果やリンパ液循環の改善が促されます。

鍼灸

入学希望者が増えています

鍼灸師とは、鍼やお灸を使って患者さんの体調不良を回復させる仕事をする人のことです。鍼やお灸を経穴と言われるツボを刺激させることで、人が持つ治癒力や免疫力を高めながら病気を予防したり治したりするものです。

国家試験に合格する必要

鍼灸師になるためには、「はり師」「きゅう師」と言う国家資格が必要になります。また国家試験は誰もが受けることが出来るのではなく、国家試験の受験資格が必要です。そのためには専門学校や大学に通い、鍼灸師になるための学部学科を卒業しなければなりません。国家試験を受験する前に、鍼治療や灸治療に対する専門的な知識を身につける必要があるのです。知識を持っていることで、患者さんに対し安全な治療を行えることになるからです。

高校卒業後専門学校へ

鍼灸師になるための養成学校は、全国で90校ほどあると考えられます。多くは専門学校になりますが高校卒業と共に進学出来るのですが、入学希望者の多い学校では簡単に入ることが出来ないほど人気となっています。また学校によって学費も違って来る訳で、入学前に資料を取り寄せて確認をしておくべきです。学校を卒業するまで最低でも3年がかかることになり、大学へ通うことになると4年の歳月が必要になります。4年生の学校に通うことで費用もかなりかかることになり、卒業まで500万円以上はかかることになります。

広告募集中