HOME>トピックス>鍼灸師になる為には?【国家資格の取得を目指そう】

目次

国家資格である

マッサージやリラクゼーションの仕事にも色々な種類がありますが、特に鍼灸師は注目されています。整体師やアロママッサージとあまり変わらないと考える人もあるかもしれませんが、整体師やアロマの資格はあくまで民間の資格です。そしてこうした資格では病気の治療を行うことはできません。その点、鍼灸師は国家資格となっていますので信頼性も高く、治療にも役立てることができます。鍼灸師の資格を取っておくと、鍼灸院や治療院で活躍できることはもちろん、美容やスポーツ、介護・福祉など様々などでも活躍できますし、経験を積めば独立開業の道も開くことができます。特別な資格ということもあり、頑張り次第では高収入が期待できることも人気の理由と言えるでしょう。

基本からしっかり学ぶ

鍼灸師として活躍するためには、豊富な知識と高い技術力を身につけておくことが大事です。鍼灸は独学で習得することは難しく、専門学校で学び受験資格を得ることが一般的です。そして、良い勉強をするためには学校選びもとても大切となりますので、じっくりと比較して自分に合うスクールを選んでいきましょう。繊細な施術ですので、患者さんの状態をしっかり把握できることも大事です。

コミュニケーションも必要

鍼灸のプロとして活躍するためには、手先の器用さや豊富な知識は欠かせませんが、患者さんの状態はそれぞれ違いがありますので、適格な判断が必要です。そのためには患者さんとしっかりコミュニケーションを取れることも大切ですので、技術力だけではなくコミュニーション力もつけていきましょう。的確にツボをとらえられるよう、正しい位置はしっかりと把握しておきたいところです。

広告募集中